機能をしっかり確認

笑顔の女性

時代の影響を受けた専門職のためのユニフォーム

介護サービスが増えてきた今、介護専用のユニフォームも数多く作られています。それらはスタッフが働きやすいような機能さと、オシャレなデザインでそろえられています。 現在は高齢化社会の影響を受けて、介護職の需要が高くなっています。それらは施設の勤務に限らず訪問介護などもあり、サービスの多様化も目立っています。それに合わせた形でこのユニフォームの必要性も高まり、その機能とデザインも強く求められてきました。今までは医療福祉のイメージから白のユニフォームが特徴的でしたが、それにこだわらないユニフォームがスタッフに好評です。 実際に介護に従事するスタッフが働きやすく、そして見た目が良いことも今のユニフォームの大前提となっています。

快適さとデザイン性を追求していく

この介護のユニフォームで求められていることは、まず1つにその機能性の高さです。介護の現場では、高齢者の誘導に伴い力仕事も多々発生します。そのため、伸縮性のある動きやすい素材であることが重要です。そして丈夫な素材で、汚れることも多いことから洗ってもすぐに乾く速乾性の機能も求められます。また、動き回る仕事でもあるので、汗をかいてもすぐに吸収できる素材であることも、快適さを高めてくれます。 この他にも、その見た目の良さにもこだわる傾向にあります。介護のユニフォームであっても、幅広い世代が活躍していることから、センスの良いデザインであることはもはや常識です。職業を感じさせないそのデザインが、カジュアルさやスポーティーなファッションを生み出しています。このように、これからもますます需要が見込まれる介護職に対して、そのユニフォームに新たな期待がかけられています。